post

中古車の査定で、契約をした後に突然減額された、もしくは車を

中古車の査定で、契約をした後に突然減額された、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話など友人から聞いた事があります。



一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。


売買契約書に判子を押してしまう前に、減額するときがある、と説明されていたかどうか、正当な理由によって減額する事になったのかなどで相手に求められる対応は変わることになります。しかし、どうしても納得できなくて許せない、という場合などは買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。


普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。このときは、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。その場合は書類も増えますし、かなり手間がかかると考えて間違いありません。
業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで中古車の価値を算定します。
ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。実際に見るポイントというと、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。



専門家は多数の車を見てきていますし、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、一目瞭然です。
個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたりおおよそ1万kmが標準といわれています。総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。
マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、稼働パーツが劣化していても気づかない可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。



中古車の買取を行う店舗は、以前とは違って増えてきています。不要になった車を業者に買い取ってもらおうとする際は、必ず契約を守るように気をつける必要があります。

契約をキャンセルすることは、原則的に了承されないので、留意しなければなりません。

雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、少々査定額が高く出るという噂があります。夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。


自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売り払ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。これらの合計を出すと、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。
一方で、売却する前に車検を通すことは無意味です。
車検を通すのにかかる費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。



中古車査定り業者に査定を頼む際には、あらためて用意すべき書類等はないものの、買い取り先を決めて本契約となったら、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。さらに、婚姻による氏の変更や住所地の変更などがあった時は必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければ必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。販売店のスタッフの話をハナからすべて信用してしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。
実際の査定の前に適正な査定金額が大体このぐらいの金額になると確認しておき、相場よりも安価に契約しようとされたときに自分の方から駆け引きするつもりでいると饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。