post

私の車は事故歴があります。フレームを直してもらっ

私の車は事故歴があります。
フレームを直してもらったことがあるので、修理歴のある車ということになるでしょう。しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。
車を買取に出す時にそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

後になってそれを理由に減額を請求されても嫌ですし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。そうしたリスクを抱え込んでしまうと思うと、事故や修理の経歴は正直に言っておくのがいいと思いました。中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、他にも引き取った後に減額する事を言われたという話を友人から聞いた事があります。

車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。
判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、取引後の減額やキャンセルなどの有無を教えていたか、また、いかなる理由で減額をしたのかなどによって取れる対応などは変わってきます。ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら買取キャンセルをして、一度取引を白紙にしてしまうのも効果的です。

中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、査定を担当する担当者にもよりますが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却する前に車検を通したとしても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売却金を即金で引き渡してくれる店舗を探すと良いですね。

大きく即金対応可能と宣伝している業者ばかりでなく、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、自分が望むのはどちらか良く判断して、後者が優先順位が高かったらすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。
幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、相場を知りたいだけでなく、自分は直ぐにでも売りたいんだという思いを強くアピールすることです。取り敢えずの査定なんだけどというおそらく直ぐには車を手放さないだろうという売り手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐにでも売りますという相手の方が買取業者にとっては有益に違いありません。


直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、是非うちの店で取り引きしてくれるように高めの査定額を提示してくる可能性があるのです。車を買い取ってもらうなら中古とはいえ、そこそこの値段はつけてほしいものです。一括査定サイトなどを使い、複数の見積りを取り付けると良いでしょう。


割とあるのが「うちなら価格」ですね。「いまなら」「うちなら」「私なら」のバリエーションがありますが、それって営業手法なんです。


競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。
普通はそこまでしないですよね。見積りはかならず複数というのが鉄則です。

そのうえで納得できる売却先を選べば良いと思います。

買い替えならどんな車でも下取り価格がつきますが、中古車の買取となると、低年式車は難しくなってきます。

人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで買取価格がつく可能性がありますが、一括査定してくれるサイトで価格がつかないような車は、売主の満足がいくような価格をつけてくれる業者はいないでしょう。

もし買取価格に納得できないときは、個人売買という手もあります。その車の価値がわかる人が納得できる価格で購入することもあるので、愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを覗いてみてください。



中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。



それならば、買取専門店に持って行く前になるべく自らクリーニングすることが大切ですね。



修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、自分で言わなくても分かってしまうのです。
その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭は自分で対処することで大分片付けることができるはずです。それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

車査定を行う場合、店舗に直接行ったり、自宅へと来てもらうのが一般的です。また、メールでの車査定を行っている業者もあります。しかしその場合には、業者をのやり取りを直接行わなければいけないため、ものすごく面倒です。


中には、何回も営業を行ってくるところもあるので、いい加減にうんざりだと思うこともあるでしょう。買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースではマイナス査定されることが多いです。しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人修理することは止めた方が無難です。

自分でキズやへこみを直したといっても、その修理に要した経費より多く見積金額が高くなるケースはまれだからです。車を自分で直そうと考えるより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方が費用を抑えることができるというのがその訳です。