post

車査定をしたいなと思いつつ、個人情報は知られたくないと考え

車査定をしたいなと思いつつ、個人情報は知られたくないと考える人もいるでしょう。
特にネット経由の一括査定を依頼すると、少なくない買取会社に自分の個人情報が把握されるのが心配になりますよね。

でも、国の法律で個人情報の取り扱いは厳しく規定されているので、基本的には心配いりません。

自動車を売り払った後になって、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。



事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定時に何か見落としがあったというならば売る側に何も責任は無いでしょう。

業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

これは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。
反対に軽自動車に関しては、自動車税が月割で返金されることはないのです。でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。
税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。
じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。



もしチャイルドシートをつけたままの自動車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。
実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら採点される項目には含まれていないからです。



もともとチャイルドシート自体は需要が高いため、はずして単品で売却すれば値段がつかないということはありませんし、一部のブランド品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。
車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、プラス査定になることが多いです。

その上、シルバーは定番色であることにプラスして車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。


これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、見積額が高くなるとは考えにくいのです。


査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取から売却の間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。



車の査定は、車の状態が新しくきれいなほど査定額が良く、高価になります。

ワンオーナーの場合や走行距離数が少ないこと、カスタム車でないと評価は高くなるでしょう。誤解しないでいただきたいのですが、車検までの期間は査定額に響かないことが全てではありませんが、ほとんどです。なお、人間が査定を行うので、心証が査定額を動かす場合があります。出張査定の手数料はほとんどの場合かかりませんし、店舗へ行く手間が省けるので忙しい人には便利です。



しかし、強く押されると断れないと自覚している方は必要な書類を持参して、店舗を訪ねる方が良いのかもしれません。



普通、予約は必要ありませんし、すぐに対応してくれますので、複数の店舗に行くことをおすすめします。口座振り込みでは振り込み時にトラブルが発生することがあるので、代金や手数料はできるだけ現金払いにしましょう。できるだけ多くの買取業者に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、より高値で中古車を売却するコツと言えるでしょう。


いっぺんに沢山の業者に見積もりに来てもらって、査定額を競争させるというのも有利にはたらく方法です。何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、特に気にすることはないでしょう。
それから、実際の契約に際しては売買契約書の全文をしっかりと把握してから契約することも必要です。



売却予定の中古車を査定するときには、カーナビ等のオプション品が付属していると査定金額が高くなることが多いでしょう。ただ、最近発売されている車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビ非搭載だと低く見積もられる場合も出てきます。

親戚や家族が所有者として登録されている車も手間はかかりますが売れないことはありません。まず売買契約に必要な書類のほかに、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。


意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。


このような場合は、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。普通の売却と違って必要な書類も多いですし、売るのは簡単なことではありません。